大分の不動産情報満載!1000物件公開中!

不動産売却にかかる費用|不動産コラム

売却をしようとするときにどのような費用がかかるのか。

仲介手数料ってどのくらいの金額かかかるのか。

購入するときの手数料と違うのか。

金額だけでもこんなにお悩みや疑問点があります。

本日はそんな不動産売却についてのお悩みを解決できるようお話しして参ります。

不動産売却にかかる諸費用

ここではまず、不動産売却にかかる費用についてのご説明をいたします。

不動産売却をするにあたって、価格を決めていくと思います。

例えば、1000万円と査定額が出て「よし!1000万円手元に入るぞ!」と思って話を進めていたらなんだかんだで900万円になった・・・800万円になった・・・と、諸費用のことを考えずにいると計画していたことが崩れてしまうことが多いです。

そこで、皆様にはまず不動産売却にかかる費用にどのようなものがあるのかということを知っていただくことから始めたいと思います。

 

不動産仲介手数料

仲介手数料は販売価格に対して上下します。仲介手数料については次のセッションでご説明いたします。

収入印紙

契約書を作成する際には印紙税というものがかかります。

こちらも販売価格によって変動しますが、5,000円〜10,000円が主流です。

詳細については下記をご覧ください。

  • 101万円〜500万円までの契約  ・・・ 1,000円
  • 501万円〜1000万円までの契約 ・・・ 5,000円
  • 1001万円〜5000万円までの契約・・・10,000円
  • 5001万円〜1億円までの契約   ・・・30,000円
  • 1億円超5億円以下         ・・・60,000円

 

登記費用

登記時点(購入時点)から住所や氏名など変更があり、登記を変更していない場合「住所変更」や「名義変更」が必要になり登記費用が発生します。

また、住宅ローンなどにより抵当権設定をされている場合抵当権抹消費用も発生いたします。

この場合、5万円程度発生いたします。

登記費用については、司法書士の先生により異なります。

その他

基本的な諸費用の他に不動産の状態によって追加でかかる費用などもございますので注意が必要です。

例えば、住宅の場合家財が残っていて処分が必要な場合は荷物撤去費用が発生いたします。

同じく、住宅の場合で解体が必要になってくる場合には解体費用なども発生いたします。

これらは、買主様との交渉によって左右してきますが、

「現状のまま売りたい」という交渉などもできますので要相談です。

その場合、値引き交渉などを求められることがあります。

また、現状住んでいるお家を売却する場合は引っ越し費用なども発生します。

 

売却時に発生する費用については上記の通りですが、

追って発生する「譲渡所得税」などの税金については別途コラムを書いておりますのでそちらをぜひご覧ください。

税金について|不動産コラム

▶︎不動産の売却時は税金に要注意!税金について

購入時の仲介手数料との比較

購入する際の仲介手数料と、売却する際の仲介手数料、違いはあるのでしょうか?

また、仲介手数料の計算とはどのように行うのか。

ここでは、そんな仲介手数料についてのお話をしていきます。

仲介手数料の計算

仲介手数料は金額によって利率が異なり、計算が非常にややこしいです。

  • 売買価格が200万円以下の部分    ・・・5%
  • 201万円以上〜400万円まで    ・・・4%
  • 401万円以上            ・・・3%

これは、例えば1000万円の場合、単純に3%というわけではなく

  • 200万円(売買価格が200万円以下の部分)・・・5% =10万円
  • 200万円(201万円以上〜400万円まで)・・・4% = 8万円
  • 600万円(401万円以上)        ・・・3% =18万円

仲介手数料の計算|不動産コラム

というように細分化され計算されます。

これを計算すると・・・

合計36万円というのが仲介手数料です。

ただ、これをいちいち計算するのはめんどくさいですよね・・・。

そのため、不動産業界では即算式というものがあります。

仲介手数料即算式

  • 売買価格が200万円以下の部分・・・5%
  • 201万円以上〜400万円まで・・・4%+2万円
  • 401万円以上        ・・・3%+6万円

先ほどと同じように、1000万円で計算してみましょう。

今回は、1000万円にそのまま「3%+6万円」の即算式を当てはめるだけです。

1000万円×3%+6万円=36万円

・・・同じ金額になりましたね。

 

このように、即算式を使うことで簡単に金額を出すことができます。

 

▶︎弊社では売却したいお客様へのサポートを行っております。詳しくはこちらからご相談ください。

購入時と売却時の仲介手数料の比較

購入時と売却時の仲介手数料は何か違いがあるのでしょうか。

答えは、「ありません」

不動産の仲介手数料は売主様・買主様ともに先ほどの計算となります。

さらにいうと不動産屋さんによってこの計算が違うなんてこともありません。

まとめ

本日は、売却についての費用、そして仲介手数料についてお話をさせていただきました。

いかがでしたでしょうか?

大きな資産の売却を行う人生でも大きな決断の中で、かかってくる費用も決して安くはありません。

正しい知識で、計画をたてて売却を行っていきましょう。

それでは大分不動産情報サービスの臼井でした。

この記事を書いた人 SAKAI株式会社 代表取締役 臼井 栄仁
大分不動産情報サービス(SAKAI株式会社)代表
臼井 栄仁
宅地建物取引士、相続診断士

これまで10年以上、不動産の世界の身を置き、お客様の不動産購入のお手伝いをさせていただいてきました。 現在はSAKAI株式会社の代表として、不動産勉強会やTV・ラジオ等を通じ、不動産を購入・売却されるお客様が少しでも安心できるように日々取り組んでいます。

資料請求はこちらをクリック。

WEB限定不動産購入は情報収集が9割
『これを知らずに家を買ってはいけない』
全5冊無料プレゼントキャンペーン

ホームページからのお申し込み限定で、
小冊子『これを知らずに家を買ってはいけない』を
毎月10名様にプレゼントしております!
不動産のご購入前に必読の5冊です。
ぜひこの機会にご応募ください。

小冊子をもらう【無料】


店舗一覧

わさだタウン店

大分県大分市玉沢字楠本755-1
(トキハわさだタウン2街区3F南通り7丁目)

TEL.097-585-5836 FAX.097-585-5837

本社(SAKAI株式会社内不動産事業部)

大分県大分市大字中戸次5890番地1

FREE.0120-506-780 FAX.097-597-7692

大分の不動産売買は
私達にお任せ下さい!

弊社ホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。
中古住宅や中古マンションなどの中古売買物件や土地物件探しまで大分の不動産物件探しをお手伝いさせていただきます。 弊社ホームページではお客様の不動産物件探しの希望条件を基に中古住宅、中古マンション、土地などの物件種目別や不動産物件を探す大分市のエリア別、資金計画に合せた物件価格別、部屋数など考えた間取り別で物件の検索をすることができます。 その他にもこだわりたい物件探しの希望条件やお悩みなどがあれば、直接ご相談ください。

大分市の不動産物件の購入だけではなく新築や中古不動産物件のリフォーム、リノベーションも一緒にご相談ください。 また所有している不動産物件のご売却や任意売却、不動産相続など、皆様の大切な財産の売却に関するご相談も承ります。 売却をお考えの不動産物件の売却価格を算定する査定も無料で行います。

「依頼して本当によかった!」そう言っていただけるように皆様の不動産売買を弊社スタッフ一同全力でサポートいたします!

LINEが便利!友だち追加
物件検索 LINE登録 資料請求 お問い合わせ
閉じる