大分の不動産情報満載!1000物件公開中!

土地購入は人生で1度あるかないかという方がほとんどでしょう。非常に高額な買い物なので、慎重に検討していきたいですよね。

そこで、今回はSAKAI株式会社の代表取締役、臼井が「土地購入で失敗しないためのポイント」をテーマに解説していきます。
大分市で土地購入を検討されている方や情報収集されたい方はぜひ参考にしてください。

家を建てられない土地がある?

家を建てられない土地がある?|大分不動産情報サービス

▶︎大分市の土地情報を調べる場合はこちら

住宅用地として土地の購入を検討されている方は土地の地目に注意が必要です。土地によっては家を建てられない場合があるので、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

たとえば、土地の地目が山林や農地の場合、そのまま家を建てることができません。
地目変更という手続きを行い、農地から宅地に変更してからでないと家を建てられないので注意しましょう。
また、農地については購入できない場合もあります。
各自治体や農業委員会の判断になりますが、地目が農地の場合は農業従事者以外の方が購入できないのが一般的です。
そのため、希望の土地があったとしても、地目が農地の場合は自由に購入できません。どうしても購入したい場合は売主に地目変更手続きを依頼して農地から宅地に変更してもらった後に購入手続きを進める必要があります。

ただし、自治体や農業委員会によっては、農業従事者以外の方でも購入を認めているケースも例外的にあります。

土地購入を検討する際は家を建てられる土地かどうかを確認しながら探していくのがよいでしょう。

土地購入で確認しておきたいポイントは?

人生で一度あるかないかの土地選び。どのように進めていけばよいのか、さらにどういったところに気をつければよいのかわからないという方も多いでしょう。

ハザードマップの確認

土地選びを進める中でハザードマップを確認することをおすすめします。

そもそもハザードマップというのは土砂災害や水害などの危険性がある場所を地図上で確認できるというものです。

各自治体がハザードマップを提供しているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。
また、国土交通省が公式サイトでハザードマップを公表しています。

「ハザードマップポータルサイト」では住所を入力するだけで、簡単に調べることが可能です。

ハザードマップでは浸水予測区域や土砂災害のリスク、津波や高潮のリスクなどがわかるので、土地選びに非常に役に立ちます。

ちなみに宅地建物取引業法施行規則が2020年8月に改正され、不動産業者は土地、建物の売買契約時にハザードマップを利用して水害や土砂災害のリスクを説明しなければならないと義務付けられています。

ハザードマップ|大分不動産情報サービス

▶︎大分市のおおいたマップはこちらから(外部サイトに飛びます)

建築条件の確認

建築条件を確認するのもポイントです。というのも、土地ごとに建蔽率や容積率などが定められているので、いくら土地が広くても土地いっぱいに家を建てることができないのです。

建築条件を確認せずに土地を購入してしまうと、あとから思い通りの家を建てられないというトラブルになりかねません。

宅地かどうかを確認

土地があるからといって、自由に家を建てられるわけではありません。土地には地目というものがあり、その地目に準じた用途でなければ使用できないのです。

【地目種類】
・田
・畑
・宅地
・学校用地
・鉄道用地
・塩田
・鉱泉地
・池沼
・山林
・牧場
・原野
・墓地
・境内地
・運河用地・水道用地
・用悪水路
・ため池
・堤井
・溝
・保安林
・公衆用道路
・公園
・雑種地

宅地と農地|大分不動産情報サービス

家を建てられるのは宅地のみです。
ただし、山林や原野、農地については宅地に地目変更することで家を建てられるようになります。
また、雑種地についてもすでに建物が建っているので宅地とみなされるので、地目変更すれば家を建てることが可能です。

ただし、先ほどもお伝えした通り、農地転用については自治体や農業委員会の承認が必要です。承認までに時間がかかるケースもあるので、事前に相談しておきましょう。

注意しておきたい土地の特徴は?

土地購入には高額な費用が必要になります。そのため、土地購入に失敗しないためにも注意しておきたいポイントを理解しておきましょう。

土地購入の失敗しない方法|大分不動産情報サービス

高低差がある

高低差がある土地は土地費用の相場が低く設定されていることがあります。ただし、その分建築コストが高くなる傾向があるので、総合的に判断したほうがよいでしょう。

そもそも高低差のある土地というのは、がけ地や傾斜のある土地のことをいいます。
高低差があるので、造成工事や擁壁、土留などの追加工事が必要になるのが一般的です。

また、玄関口までのアプローチや階段、スロープなどの外構工事が高額になる傾向があります。

しかし、土地の金額自体が相場よりも安いので追加工事とのバランスを考えた上で検討することがポイントです。

形が四角形ではない

土地の形が四角形ではなく三角形や旗竿など、いびつな形をしている場合は注意が必要です。
建蔽率や容積率が基準以下であれば、建物を建てられます。ただ、三角形の土地の場合、建築プランに制限が出る可能性があるでしょう。

また、慣れていないハウスメーカーや工務店の場合、そもそも設計自体を断られてしまう可能性も少なくありません。

三角形の土地や旗竿地は土地の金額を抑えられるのですが、そもそも建築に対応していないハウスメーカーや工務店があるので、事前に相談することをおすすめします。

敷地内に電信柱がある

敷地内に電信柱がある土地があります。その場合、電力会社から土地の使用料を毎年もらえるのでお得に感じる方もいらっしゃるでしょう。とはいえ、年間1,500円~3,000円程度なので、あまりメリットがないと思われる方も少なくありません。

敷地内に電信柱があると、見た目が悪くなってしまいます。さらに、電柱の影が出来てしまうので、日当たりに影響する可能性もあるでしょう。
そのほか、電力会社の作業員が定期点検のために敷地内に入ることもあります。

また、電信柱に鳥がたまることから、鳥の糞が目立つということも実際にあります。

敷地内に電信柱がある場合は土地の費用が低く抑えられており、毎年電力会社から土地使用料をもらえます。ただ、日当たりに影響したり、作業員が敷地内に入ったり、さらに鳥の糞の被害があったりなど、デメリットがあることを覚えておきましょう。

土地購入でよくある失敗は?

土地を購入して家を建てた後、後悔してしまう人も少なくありません。
では、どのような失敗例があるのかみていきましょう。

利便性が悪い

土地の金額が安いという理由で購入したものの、利便性が非常に悪かったという声があります。通勤通学に電車やバスを利用している場合は最寄り駅までの時間や行き方を事前に調べておいたほうがよいでしょう。また、電車やバスの本数やダイヤを確認して、実際に職場や学校までどれくらいの時間がかかるかシミュレーションすることがポイントです。

資産価値が激減

資産価値を意識せずに土地を購入した場合、年数が経ったあとに価値が激減してしまうという可能性もゼロではありません。
通常、土地というのは金額変動が少ないと言われています。また、都市開発などによって土地の値段が上がることも少なくありません。
ただ、利便性が悪かったり、土地の形状に問題があったりなど、土地の評価が低い場合は価値が下がってしまうケースもあります。

せっかく高いお金を払って購入した土地であっても、値下がりがひどく、半額以下になってしまったというケースも少なくありません。

検討している時に他の人に買われてしまった

土地購入はスピード感が大切です。じっくり検討している間に他の人に買われてしまったということもあります。
自分が気になっているということは、他の人も気になっているということです。高い買い物なので時間をかけて検討することは大切ですが、時間をかけすぎると他の人に買われてしまう可能性がるでしょう。

ただ、買い付け申し込みなど、不動産会社によっては土地の予約を取れる場合があります。
気に入った土地があれば、すぐに不動産会社に相談してみましょう。

大分不動産情報サービスわさだタウン店では、どのようなお客様でも安心してご相談いただけるように専門スタッフが丁寧に対応いたします。

土地の選び方はもちろん、予算や要望に合わせて土地を提案させていただきます。

大型ショッピングセンター内にあるので、買い物ついでに立ち寄れるのも大分不動産情報サービスの特徴です。

大分不動産情報サービスわさだタウン店

▶︎大型ショッピングモールにある「大分不動産情報サービスわさだタウン店」の詳細はこちら

まとめ

今回は「土地購入で失敗しないためのポイント」をテーマに解説しました。

土地の購入は非常に高い買い物です。そのため、しっかりと情報収集した上で検討していくことをおすすめします。

建築基準やハザードマップ、土地の形状や資産価値など、さまざまな検討ポイントがあります。
今回紹介した失敗しないためのポイントを参考にして、ぴったりの土地を見つけてくださいね。

以上、大分不動産情報サービスの臼井でした。

この記事を書いた人 SAKAI株式会社 代表取締役 臼井 栄仁
大分不動産情報サービス(SAKAI株式会社)代表
臼井 栄仁
宅地建物取引士、相続診断士

これまで10年以上、不動産の世界の身を置き、お客様の不動産購入のお手伝いをさせていただいてきました。 現在はSAKAI株式会社の代表として、不動産勉強会やTV・ラジオ等を通じ、不動産を購入・売却されるお客様が少しでも安心できるように日々取り組んでいます。

資料請求はこちらをクリック。

WEB限定不動産購入は情報収集が9割
『これを知らずに家を買ってはいけない』
全5冊無料プレゼントキャンペーン

ホームページからのお申し込み限定で、
小冊子『これを知らずに家を買ってはいけない』を
毎月10名様にプレゼントしております!
不動産のご購入前に必読の5冊です。
ぜひこの機会にご応募ください。

小冊子をもらう【無料】


店舗一覧

わさだタウン店

大分県大分市玉沢字楠本755-1
(トキハわさだタウン2街区3F南通り7丁目)

TEL.097-585-5836 FAX.097-585-5837

本社(SAKAI株式会社内不動産事業部)

大分県大分市大字中戸次5890番地1

FREE.0120-506-780 FAX.097-597-7692

大分の不動産売買は
私達にお任せ下さい!

弊社ホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。
中古住宅や中古マンションなどの中古売買物件や土地物件探しまで大分の不動産物件探しをお手伝いさせていただきます。 弊社ホームページではお客様の不動産物件探しの希望条件を基に中古住宅、中古マンション、土地などの物件種目別や不動産物件を探す大分市のエリア別、資金計画に合せた物件価格別、部屋数など考えた間取り別で物件の検索をすることができます。 その他にもこだわりたい物件探しの希望条件やお悩みなどがあれば、直接ご相談ください。

大分市の不動産物件の購入だけではなく新築や中古不動産物件のリフォーム、リノベーションも一緒にご相談ください。 また所有している不動産物件のご売却や任意売却、不動産相続など、皆様の大切な財産の売却に関するご相談も承ります。 売却をお考えの不動産物件の売却価格を算定する査定も無料で行います。

「依頼して本当によかった!」そう言っていただけるように皆様の不動産売買を弊社スタッフ一同全力でサポートいたします!

LINEが便利!友だち追加
物件検索 イベント情報 お問い合わせ